ガラス&ライフアクセサリー  ヴァレリー・ミマリです ガラス雑貨、手作りスウィーツのカフェ、リラクゼーション・リフレクソロジーもはじめました

藤が美しい季節です。
珍しく、人の腰より低い仕立てにした藤が、いつも通る道端にあります。
93.jpg
道端ではありますが、向え辺りのおうちの方がていねいに丹精込めて造られた
と想像できるほど、美しい樹形です。
背丈が低いながら、花の房の地面にギリ着かない長さが絶妙!

藤は仕立てるのも、さらに美しい花をたわわに咲かせるのも難しいですが、
 こんな幻想的な光の藤をお部屋に飾るとゆーのはどーでしょ?!
92.jpg
両面からブラストしてLEDをあてると、幾房も重なって垂れる藤が
暗闇にライトアップされたように浮かび上がりました!

ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ
スポンサーサイト

ウォーキング植物園
よそのお宅の庭先からではありますが、この時期はほんと
歩いていても楽しいです。
48_20150418150206919.jpg
確かにハナミズキだと思うんですが、枝垂れ なのが不思議
花が咲くとちょっと上向きになるところがいじらしいじゃないの!

50_201504181502137a8.jpg
白いヤマブキ、うわさには聞いてたけど、はじめて見た。

そして、道端に張り付くように咲いてる・・・これはナンだろう??
49_20150418150208966.jpg
葉っぱも花もメチャかわいいやん!!

よそのお庭で元気にさいてるを、欲しくて譲ってもらったのが自分んちでは育たない 
ってゆーあるあるが何でやろねって、私たちの間で謎なんです。
でも欲望は尽きず、あきらめずゆずりあいっこして挑戦は続くのです。
ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ

ミマリガーデン
ジャケットやあったかアイテムをしまいきれないややこしい寒の戻りとやらは
なんとか落ち着いたようですね。
寒い寒いと思ってたのに春は確実に訪れておりまする。
ミマリのささやかな庭も、うっかり見過ごしてましたが
つぼみをいっぱいつけてたり、花をさかせていたり、
すっかり春の景色に変わっていました。
44_20150411154649c35.jpg 
繁殖力旺盛なスミレは植え込みを一周してしまいました。 
45_20150411155359d6f.jpg  

玄関アプローチ、ナチュールさんのオブジェと共に
46_20150411154653382.jpg

みどりの新芽や若葉もとってもきれいな、ウキウキの季節になってきましたね。







ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ

新メニューです!!
さわやかなお飲み物、デビューです!
ハイビスカスティーってご存知ですか?
ハイビスカスティー  
とっても鮮やかな赤い色の酸味のきいた飲み物です。
かのクレオパトラが美貌と若さを保つために愛飲していたといわれていて、
美容と健康に役立ってくれるそうですよ。
名前はハイビスカスですが、みんなが知っている夏の花の代表の
あの観賞用のハイビスカスではなく、ローゼル種という、原種だそうです。
特にビタミンCやクエン酸が豊富に含まれているのが美容や疲労回復によいとされるところで、
また、カリウムの含有量も多いので、むくみや二日酔いの解消にも期待大です。
試飲したところ、結構なパンチのきいた酸味ながら、
まったくひっかからないくせになりそうなすっぱさはとっても好感ですよ。
ホットとアイス両方で、ハチミツを添えて350円でお楽しみいただけます。
ぜひ、お試しくださいませね!

週に2~3日の早朝なんちゃってウォーキングも4月になると明るい中で歩けるようになってきました。
これから先は、いろいろお花が満開で歩くスピードもついつい遅くなるのです。
木蓮はおわりましたが、桜はいうに及ばず雪柳、レンギョウ・・・・etc.
そして今、いっつも感心してしまう三色咲きの八重のボケの大木
43_20150404111357901.jpg
毎年見るけど、いつ見ても不思議!!
ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ
Copyright © ガラスの風景. all rights reserved.