ガラス&ライフアクセサリー  ヴァレリー・ミマリです ガラス雑貨、手作りスウィーツのカフェ、リラクゼーション・リフレクソロジーもはじめました

涙活?
涙活  お聞き慣れない言葉かと思いますが、
たびたびミマリでコンサートを開催してくださる、津村京子先生とピアノの石原先生による
心を浄化する作用のある涙をながすことを、美しい音楽によって実現しようという催しです。
先週土曜日にミマリで初めての涙活コンサートが行われました。
19.jpg
人それぞれに胸の奥にしまってしまった辛いことや悲しいことを
心に響く美しい歌でこころを開放し、思い切り涙を流すことは
冷えてしまった心を少しずつ温めていきます。
心を打つ選曲や、工夫された歌い方で当日いらした多くの方々の涙を誘っていました。
もちろん、私たちも涙を禁じることはできませんでした。

コンサートが終わって帰られるお客様方のお顔は
清々しさすら感じられるような気がしました。
先生方も、定期開催もお考えのようなのでまた楽しみが増えますね。

とても心に優しい素晴らしいコンサートなので、
今回、逃してしまった方は是非次回は参加してみて下さいませ。
20.jpg 
ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ
スポンサーサイト

朝、さむかった~
5.jpg 
サム~!!と思ったらこの時期にきてまさかの雪!
真冬のとはちょっと違う、かき氷みたいなのが真っ白にしてくれてました。

ミマリの庭はあちこち春が押し掛けてる感じです。
9_20140321144935b51.jpg 
落ち生えが庭中にひろがってるクリスマスローズは満開です。

八重の梅が咲くとおいしいいかなごもやってくるのです!!
8_20140321144930c04.jpg 
年々高くなるモクレンもいっぱい蕾をつけてもうすぐ満開
7_20140321144926b5c.jpg 

ほったらかしだった庭もこれからは花々しくなってくるので、また見てもらえるようになると思います。


ジジ通信  VOL10

おかあさんが好きすぎて、肩乗り猫になってるねん!!
もう、ずっと降りたないねん!!
6_20140321144921422.jpg
ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ

・・・
だいたい今回はこんな感じで行こうと内容は決まっても
特にそれにつけるほどのタイトルがない時、ほんと困ります。
それだけにめっちゃ時間とられることもあるので、
次回から、付けたいタイトルが思い浮かばないときは、無しにします。
あしからず、ご了承下さいませm(__)m
17.jpg 
テーブルの花とはうらはらに、今日は"もどり寒波”なるものに襲われて、外は真っ白、
寒そうな強い風が吹いてます。
ここを耐え忍べば今度こそあったかくなるとか。
 
ご注文の大きいトンボ玉も、春らしい明るい色を選びました。
16.jpg
あれこれ細かいご希望がおありの場合やこちらにお任せの方など様々ですが、
注文を下さるということは、他にないものを望んでおられるとゆうこと、
と理解し日々精進し、励んでおります。
ミマリらしいな、と思って気に入っていただければうれしいです。

ジジ通信 Vol 10
ええとこ見つけましてん、階段の上!
18.jpg 
まだちょっと怖いけど、高いところからの眺めは優越感やわぁ


 
ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ

2月逃げた
1月はとっとといっちまいました。
2月もアッとゆ~間に逃げてゆき、
この調子やと、3月もさっさと去っていくんでしょうねぇ
なぁ~んて、この時分よく聞くフレーズですが、ほんま、実感やわぁ!
季節もどんどんやって来ます。
先週の花はあふれんばかりのミモザでしたの
12.jpg
100年越しのお雛さんたちも、年に一度のお祭り騒ぎをしに出てきはりました。
14.jpg
飾り付けをする時にいつも思うには、お雛様の位置がなんで西と東で違うんかな、ですが
ちょいと聞きかじった受け売りを、最近特にひどい物忘れで思い出せんようになる前に
ちょっと長いですが、ここでうんちくさせていただきます。
そんなことも知らんかったん?・・とゆー方々にとってはウザいかと思いますので、
このくだりはすっとばしてジジのところへ行って下さいませ。
 
お雛様を向って左側におくのは、中国の宮廷文化の影響を受けたもので、古代の日本の中心、
都があった京都や奈良の貴族文化のそれを残しているそうです。
なんでお殿様が右側?とゆーと、中国でも、影響を受けた日本でも皇帝は南向きに鎮座することになっており、さらに日いずる東側(つまり向って右側)が一番偉い人の立ち位置だからだそうですよ。

一方、東はもっと新しく、西洋の貴族文化の影響をうけているそうです。
ヨーロッパでは、お妃さまは王様の左側におられるのが決まりのため、それを重んじた日本の皇室がそれに倣われてお妃さまが向って右側に鎮座され、お雛さまもその並びにするようになったらしいです。
15.jpg
その並びの理由はと言いますと、キングといえども騎士でありまして、右手で剣を持ち、左手で妃を守るため自分の右側を空けるとゆー騎士道精神に則った並びだそうですよ。
なんとま、グッとくる話じゃありませんか!
そっちの方がワクワクしますが、お雛さんを並べてみるとしっくりくるのはやっぱり左側に座ってもらう方なのは見慣れたせいなんでしょうかね。
まあ、こんな説もあるとゆーことで、どちらでも間違いないらしいです。


ジジ通信 Vol 9
最近はまってること!おかあさんのひざの上を占拠すること!
13.jpg 
ソファに座ったら間髪入れずに飛び乗る!
掃除の途中だろうが、用事があろうがおかまいなしで喉ゴロゴロ攻撃よ!!
そいでナデナデしてもらうのぉ~  どかないよぉ!!
ヴァレリー ミマリ | Facebookページも宣伝
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 加古川情報へ
Copyright © ガラスの風景. all rights reserved.